take the high road

彼女はきっと強くなる。

中学陸上女子のスパイク遍歴

娘が中学生になって陸上部に入り、初めて買ったスパイクはアシックスの兼用スパイク、エフォート。そこから、短距離の専用スパイクを買い、徐々にステップアップして…ということで、今日はそんな娘のスパイク遍歴。

女子選手で、初心者から初めて、どれくらいの段階でどんなスパイクにすればいいのかって我が家も迷いながらだったので、備忘録を兼ねてブログでまとめておこうとおもいます。

入部してすぐに買ったアシックスの「エフォート」

 

まずはこれです。土とタータンの兼用スパイク。ピンを取り替えることでグラウンドでも競技場でも使えるので、最初はこんな感じの兼用スパイクを使う人がほとんどだと思います。選んだ理由は以下の感じ。

 

  • 初心者が選ぶ、定番中の定番
  • 練習と試合両方使える
  • スポーツデポでちょうどサイズがあった
  • 足に合った

 

ザ・定番でスポーツ用品店にもよく置いています。アシックスのこれか、ミズノの同じ価格帯の兼用スパイクの子が多かったかな。

 

入部してはじめての試合が6月にあったのですが、そのときはこれで出ました。それから記録会や、9月の市の大会までエフォートで走っていました。もちろん練習も。

 

今もずっとグラウンドの練習はエフォートで走っていて、へたってきたので一年ちょっとで全く同じものをサイズアップして買い替えました。

これで走っていたときのタイムは14秒7~13秒6くらい。

 

アシックス「サイバーブレード16」

 

顧問の先生に、短距離の試合専用のスパイク買ったほうがいい、とアドバイスいただいて購入した最初のスパイクです。

 

  • 軽くて扱いやすい
  • 女子選手にも人気
  • はじめての専用スパイクに選ぶ定番

 

と聞いて、ちょうどサイズもあったのでこれを選びました。いいスパイクって色々あるんでしょうけども、やっぱり反発が強いものはそれだけ筋力なんかも必要らしく。初心者がはじめて買う専用スパイクとしては、扱いやすい、初心者でも女子でも怪我しにくいスパイクがいい、と希望を伝えて店員さんと相談しながら選びました。

珍しく甲や足首をベルトでとめるタイプで、ちょっと独特のデザインです。

 

リレーで進出した都道府県の大会から履いて、新人戦もこれで走りました。タイムは13秒4のとき。試し履きして買ったんですけど、ちょうど娘の成長期とも重なったか?次の年のシーズンインの前に小指が痛いといいまして、結局試合で履いたのすごく少ない……。

 

アシックス「SPブレード9」

サイバーブレードの23センチが痛いというので、2年目のシーズンが始まる前に買い替えたのがSPブレード23.5センチです。サイバーブレードとは価格帯も性能も似ていると言われますが、こちらはシューレースのタイプ。

 

(写真で見ても、同色だとぱっとわからないくらいですが、ベルトのみか、シューレース+ベルトかが大きな違い)

 

試し履きして「フィット感がすごい!!」と言っておりました。

こちらも扱いやすく、サイバーブレードと同じ以下のような特徴を持つそうです。定番中の定番、名品スパイク。

 

  • 軽くて扱いやすい
  • 女子選手にも人気
  • はじめての専用スパイクに選ぶ定番

 

これに加えて、安定感あってコーナーも走りやすいと聞いたのもポイントでした(娘はリレーや200でコーナーも走ることあるかなと)。

実際は、結構靴ズレしてしまって馴染むのに時間がかかったようです。

シーズンはじめから履いて、タイムは13秒4~12秒7くらいで履いていました。200は25秒7~26秒4くらい。娘にとってはともにステップアップをした思い出深いスパイク。

 

ここまですべて薄底スパイク。

で、今はさらなるステップアップを目指して厚底スパイクを検討中です…!また増えたら書き残していこうかな、と思います。